ドコモd払いと提携したモバイルオーダーアプリO:derが凄そうな件

本日ドコモの記者発表で気になる話題を見つけました。

ドコモの公式リリースによると

ドコモのキャッシュレスサービスである「d払い」のミニアプリの機能拡充と、日本の実店舗領域におけるモバイルオーダーサービス、およびOMOの浸透を目的に、2019年11月25日(月曜)に資本・業務提携契約を締結いたしました。

OMO:Online merges with Offlineの略語で、オンラインとオフラインを融合させた新しい店舗体験を提供することをさします。

 

どういうアプリなのか公式サイト見に行ってまずびっくり

これ最近負の問題が出てきてるウーバーイーツに成りかわる可能性ありあますやん。

モバイルオーダーをd払い内のミニアプリで支払えるようにするのか、O:derにd払い機能をつけるか。

メリットは

  • 店と注文者がリアルにつながれること
  • 自動スタンプサービス
  • 店内でのオーダーにも使えること
  • 代行的なカード決済も可能

ウーバーイーツと違ってリピートの確認もしやすいし、こちらもリピートしがいありそう。

以前名前聞いたことあるような気がしてたらJR西日本とも提携してて( 他のJR九州 JR東日本も)アプリ作ってるんですよ。

これも動画見てドコモの提携理由に納得

https://youtu.be/AEUnsqDseec

 

dポイントをすべてまとめて リアル店舗のオーダーでも使えるようにする作戦と思われます。

試しに使おうとおもったらとりサブローの嵐。

今度使ってみることにします。

O:derの営業やりたくなってます。

 

 

素朴な疑問やネタがあればお調べしますこちらか LINE@syukyu3まで

Follow me!