スマホニュース

「d払い」が電子マネー「iD」による「かざす」決済に対応

LINEとYahooの統合に刺激を受けたことでのd払いとiDの統合ということではないようですね。ポイントはiDが使える加盟店ならd払いが使えそうになること

「d払い」が電子マネー「iD」による「かざす」決済に対応

ドコモ決済サービス「d払い」をがざす決済であるドコモの非接触IC決済プラットフォーム「iD(アイディー)」に対応するようです。

 

第1段階では、Android向けに提供してる「dカードmini」を置き換える形で、サービスを統合し、サービス名称を「d払い(iD)」と改称  当初は電話料金との合算払いのみ 

第2段階ではウォレット残高の利用にも対応し、iPhoneでも利用できるようにする計画 時期は未定

あくまでもd払いとd払い( iD)は別物のようですね。
既存のdカードminiユーザーもそのまま使えるが、アプリ更新するとd払いに変更。

先ほどサブ機のAndroidで設定してみましたが、iDカード派でもあり、チャージしてないので変化なしです。

d払いが「iD」による「かざす」決済に対応でのポイント

d払いが使えるお店の拡大

仕事がらデイリーヤマザキによく行くんですが、QRコード決済使えないんですよ。でもiDは使えるんですよね。こういうお店のシェア開拓を狙っているのでは?

iDが使えるのは2019年6月で全国96.5万台とのこと。d払いは不明だけどそこまで行ってないはず。ドコモショップが法人営業かけてるようですが、PayPayの絨毯営業とくらべるとねえ。
PayPayはが使えるお店は150万ヵ所

iDは書店とか強みあるし、dポイントたまるお店としての連動していく方が手っ取り早いということでしょう。

iDはチャージしなくて使えるのが便利な点なのでdd兄弟の活躍にも期待してます。

習求さんで確認したい素朴な疑問や質問はこちらか LINE@syukyu3まで

  • この記事を書いた人

syukyu3

ミズン水上 1971年生まれ 大阪府堺市出身 堺っ子体操と堺かるたが得意な生粋の堺っ子 新しいものが好きな泉北沿線民 大学卒業後、仕事でWindows3.1でパソコンに出会い趣味がパソコンに。 スマホ黎明期のiPhone3GSでさらに人生観が変わるほどのショックを受ける。 営業、家電販売、携帯販売、飲食店、ビジネスコンビニなど自分探しを続け 趣味は転職といえるくらいの転職経験数。 一次情報重視であらゆる事象を自ら体験しては検証する人。 できるだけ多くの方に新しいものやハイテク機器の楽しさを伝えるために日々活動をしています。 大阪堺筋本町で2020年2月にスマホ教室開業予定 https://sumahosoudan.com

-スマホニュース
-,

Copyright© 個人的に気になる話題を集めて追究していく しゅうきゅうさん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.