お買い得情報 スマホサポート

キャッシュレス決済還元を使わない手がない件

最近ようやく街角でもポスターが増えてきました。

官製キャッシュバック的な側面のあるキャッシュレス決済

 

基本的なルールはこちらです。

キャッシュレス・消費者還元事業とは

お近くの対象店舗(主に中小・小規模事業者)で、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコードなどキャッシュレス決済手段で代金を支払うと、ポイント還元が受けられる制度です。(※原則として、購買金額の5%を還元。フランチャイズチェーン参加の中小・小規模店舗等では2%を還元)

2019年10月1日(火)の消費税率引上げに伴い、政府が需要平準化対策として消費税率引上げ後の9カ月間に限り、推進する制度。

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)までのご利用分が対象。

キャッシュレス還元率

  • 中小企業・小規模事業者が運営する店舗:5%還元
  • コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗:2%還元

大手のスーパーは還元なしで地場のスーパーなら5パーセント還元が多い印象

実家の地元を調べてみると コノミヤ 食品館アプロですね。

ポイント還元対象店舗アプリで確認できます。

ミスが多いアプリなので評価低いですね><

実際は店の確認にしてリアルに店舗にいって店舗のキャッシュレス決済ののぼりやこんなポスターを確認した方が間違いないです。

大事なのはすべてのキャッシュレスで還元ではないこと

下に支払い方法が書いてますが、クレジットカードでもブランド指定があるので中が必要です。

スーパーはクレジットだけだとかPayPayの場合が多いです。

このポスターある店なら合計で最大10パーセント割引ありです。

PayPay単独の還元は以前ほど魅力ないのでスルーしてますね。

 

大手コンビニ( セブンイレブン ローソン ファミマ)は現金以外の決済ならその場で2パーセント割引になります。テイクアウトなら実質消費税が6パーセントになるのでどうせ買い物する必要があるならキャッシュレスで支払うことをおススメします。

習求さんで確認したい素朴な疑問や質問はこちらか LINE@syukyu3まで

  • この記事を書いた人

syukyu3

ミズン水上 1971年生まれ 大阪府堺市出身 堺っ子体操と堺かるたが得意な生粋の堺っ子 新しいものが好きな泉北沿線民 大学卒業後、仕事でWindows3.1でパソコンに出会い趣味がパソコンに。 スマホ黎明期のiPhone3GSでさらに人生観が変わるほどのショックを受ける。 営業、家電販売、携帯販売、飲食店、ビジネスコンビニなど自分探しを続け 趣味は転職といえるくらいの転職経験数。 一次情報重視であらゆる事象を自ら体験しては検証する人。 できるだけ多くの方に新しいものやハイテク機器の楽しさを伝えるために日々活動をしています。

-お買い得情報, スマホサポート
-

Copyright© 個人的に気になる話題を集めて究める情報サイト 集究さん    , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.