スマホニュース 携帯料金値下げ

ドコモの新プラン4割値下げ3400万人対象外 ていうかほぼ値上げじゃね?

投稿日:2019年5月31日 更新日:

まあ知ってましたけどね。シンプルな2択じゃないし、値下げ発表で株価上がったやん。

4割下がるのは1GB以下のユーザーだけですから。しかもだれもが1980円じゃないし。

ドコモの新プラン 4割値下げ、3400万人対象外

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45366020Y9A520C1TJ1000/

引用

ドコモは新プランに加入すれば、現在より最大で4割安い月額1980円から利用できると発表した。だが、ハードルは高い。対象はスマホを利用する月間データ利用量が1ギガバイト以下の顧客に限られ、2年継続や家族3人での加入契約も条件となる。それ以外は2~3割値下げにとどまる。

格安スマホ向けなどを除いたドコモの契約者は約5千万人。このうちスマホの利用者は4100万人とみられ、データ利用量が1ギガバイト以下の契約者は約1600万人にすぎない。「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話の利用者や、1ギガバイトを超えるデータ利用者の合計3400万人は4割値下げの対象外となる。

今回の値下げは通信料金が対象で、端末購入代金は含まれない。吉沢和弘社長は「(データ利用量が1ギガバイト超を含め)スマホ利用者の8割の人が3割以上の値下げになる」と主張しているが、ドコモは端末購入補助を縮小するため、購入代金は現在よりも上昇する。

最も値下げの恩恵を受けられるデータ容量が1ギガバイト以下の利用者でも端末代と通信料金を合算した2年間の総額では1割前後しか安くならない計算となる。

 

切れ味のあるステキなツッコミがいいですね。値下げになってない値下げだから当然ですよ。

もう一つステキなツッコミがこちら。

ドコモが新プランで用意したのはデータ利用量が最大30ギガバイトの「ギガホ」、1~7ギガバイトの「ギガライト」の2つ。ギガライトでは1ギガバイトから7ギガバイトまで4段階で利用量に応じて料金が1千円ずつ上がる。現プランは契約した利用量に達すると、料金が変わらないまま通信速度が制限される。一方で新プランのギガライトは7ギガバイトに到達するまで速度は変わらず料金が上乗せされるため、データの使いすぎを回避しづらくなる。

ある意味最悪と言われてたスピードモードっぽいプランですもんね。

そもそも3回線ないと1980円にならないし、制限しないと7GBまで突き抜けそう。

1GB以下のユーザーが新プランにすぐに切り替えるとは思えないし、シェアパック崩すことの弊害がどうなりますか。

 

親が勝手に新プランにしてシェアパック解体で、子回線の端末購入サポートの違約金が急にかかるようになったり、パケット代がシェアオプション500円からデータMパック5GB 5000円まで急に高くなる悲劇も起こりそうな気がします。

ドコモショップでいろいろなトラブルがあるかもなと。

とりあえず一言

ありがとう総務省!

-スマホニュース, 携帯料金値下げ
-

Copyright© 拾給さん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.