接触確認アプリ「COCOA」昨年9月末からAndroidで事実上機能してなかったけど、大阪コロナ追跡システムってどうだったのか? 

AndroidってiPhoneと違って、OSもメーカーも多種多様で全部不具合なく動作するのは簡単じゃないと思いますけど、通知されないのがよろしくないですよね。

政府の肝煎りで制作されたCOCOA Android版だけ機能してなかったようです。

特定しないためにBluetoothを活用するということでしたが、意味がなかったということに。

厚生労働省COCOA資料

まあ仕方ないですけどね。

さらにこういうお達しが

<利用者の皆様へのお願い>

本障害が2月中旬に解消されるまでの間は、Android端末をご利用の方は仮に陽性者との1メートル以内15分以上での接触があったとしても、
本アプリで通知を受け取ることができませんが、継続して本アプリをご利用いただくことにより他の端末との接触に関する情報を端末内に記録することができます。

本障害の解消後に、この記録に基づいて、
14日前までに陽性者との接触があった場合には通知を受けることが可能になりますので、
本アプリを継続してご利用いただきますようお願い申し上げます。

記録されててもわかるのは2月末だし、すでに濃厚接触者の精査が縮小してる時に効果があるんでしょうか。

ファッション的な感じもある緊急事態宣言と同じ穴の狢。

 

 

そこで気になったのが大阪の肝煎りで制作された大阪コロナ追跡システムの通知がどうなのが気になって調べてみました。

大阪府/大阪コロナ追跡システムについて

大阪コロナ追跡システムとは?

ウイルスとの「共存」を前提とし、感染拡大の抑制と社会経済活動の維持の両立を図るため、府民・事業者の皆様 に感染拡大防止に取組んでいただくことと併せ、感染者が発生した場合に、感染者と接触した可能性のある方を追跡することができるシステムを構築しました。
不特定多数の人が集まる施設やイベントを対象に、QRコードを活用し、感染者との接触の可能性がある利用者に、 メールで注意喚起を行い、行動変容を促すとともに、クラスターの発生のおそれを早期に感知することで、感染拡大を防ぐ仕組みです。

イベント会場や店の入口にQRコードが設置していて、QRをスキャンしてメールアドレスを登録さえすれば通知が行くシステム。Bluetoothを使ってないので近くまで近寄ったかわかるとは思えないですが。

昨年12月に経過報道がありました。

「大阪コロナ追跡システム」利用進まず 半年間で感染通知なし | 新型コロナウイルス | NHKニュース

これまで、合わせて5万2000件余りのQRコードが飲食店などに掲げられましたが、利用者のメールアドレスの登録数は、1日当たりおよそ1万3000件にとどまっています。府ではQRコードを掲げても、利用者がほとんど登録していない店もあるとみています。このシステムについて、NHKが運用状況を取材したところ、半年余りの間に感染発生の通知が1件も出されていなかったことが分かりました。

毎日1万5000件登録あって陽性の通知なかったんですか。

2021年1月の報道で9件
知事主導も…「大阪コロナ追跡システム」低調 注意喚起メール7カ月で6件 – 毎日新聞

年末年始で6件通知があったということに。感染経路不明者が増えてるから仕方ないけど、なんだかなーという感じですね。

未知のコロナ禍だから仕方ないわけですが、ひとりひとりできることをしていくしかないですね。

 

WEB集客やデジタル系 ビジネス販促までいろいろ相談できる 集究さん
お問い合わせはこちら

080-1515-0654
留守電にメッセージ入れていただければこちらから折り返し連絡します。


    LINEID@SYUKYU3

    相談や問い合わせは無料です。
    個別のメッセージのやり取りもできますので、ぜひご登録ください。

    おすすめはなんでもコンサルサービス

    〒541-0054 大阪市中央区南本町2丁目4−16
本町デビスビル 7階 ヤドリギ大阪本町オフィス 080-1515-0654

    https://goo.gl/maps/78QoJ2dbQ8F5dJxC9

    Follow me!