AppleCard どうよ

以前話題にしてましたが、まあ想定の範囲内でした。TVもアーケードもNEWSも発表がありましたが、興味あるのは日本にすぐやってこないであろうAppleCard

出典

新しい種類のクレジットカード 銀行ではなく、アップルが作成しました。

日本のサイトにないのでアメリカのページを翻訳してみてます。

 

Apple CardはiPhoneがクレジットカードになるアプリケーション。
ゴールドマンサックスとマスターカードの提携のカード。
ApplPayの登録のようにiPhoneの「Wallet」アプリから申し込み可能。
アメリカでは今年夏導入予定ですが今のところ日本上陸の有無さえ不明

 

カード番号はデバイス単位で付与され、申し込みから数分で端末内決済が利用できるようになる。
決済はFACE IDやTOUCH ID必須なので確かに安心だし、マネーフォワードみたいなお金の管理もできそう。


出典
週間のカテゴリー分けもみれるし、使った場所と日付も確認できる。

 


出典

手数料や延滞金が無料 そしてカードの期限がないのが魅力的ですね。iPhoneを探すがさらに必須に。

そして思うこと。セキュリティ考えるとなんでクレジットカードの裏に署名が必要だったのか。

久しぶりのイノベーションアップルですよ。(信者ではない)

最注目は Apple Card「Dalily Cash」


出典

物理カードでの決済 Apple Pay非対応 :1%
Apple Payを使った決済:2%
Appleに対する決済(Apple Store、App Store、Appleサービスなど):3%

いつでも2パーセントキャッシュバックできて、WALLETでも使えるのが魅力かと。

チタン物理カードはいらないよ絶対。

購入すれば購入通知が必ず来るようで、処理の確認も可能。
支払い日は毎月末日。金額の通知もあるようです。


出典;

手数料なしができるのはクレジットカードの売り上げで儲ける必要がないからでしょう。

これは全方位的にクレジットカード会社に喧嘩売りましたね。

 

今回思ったのが、AppleCard 使ったらもう千房みたいにiPhoneから逃れなくなること。

 

まだ他の新サービス見てませんけど、囲い込み戦略が楽しみですね。




Follow me!