大阪のウーバーイーツ配達も焼け野原になってきてる件

映画で話題になってた時まだ大阪は非常事態宣言でデリバリー需要あったんですよ。新型コロナウイルスでの死者数も全国一だったので。

 

9月末まで出てた非常事態宣言が終わり、10月になるとウーバーイーツの件数が一気に減ったような感じがしますし、数珠らなくなったので売り上げも急減しました。

 

誰も興味ないかもしれませんが、大阪でのウーバーイーツ配達が激減した理由を考察してみます。

大阪でのウーバーイーツ配達需要が激減した理由

  • ステイホーム生活が終わった
  • 配達員が大杉でオーバーキャパシティになった
  • クーポン攻撃しまくりなDIDIとWOLTと出前館に駆逐されてる
  • マクドナルドの月見ブームが去った反動

ステイホーム生活が終わった

10月2日から明らかに街中に出でる人が増えましたもんね。よく聴いてる東京のラジオでも行楽地に向かう渋滞情報で十数キロという報道が多いし、週末のマクドナルドドライブスルーも混雑してるのでニューノーマル生活は終わりつつあるので出前需要も減っていると考えれます。

大阪中心部のシミもせまくなりましたし、ピーク時も消えるの早くなりました。

ウーバー配達員が大杉でオーバーキャパシティ

大阪ってウーバー配達パートナーの紹介料が全国最低なことからわかるように、配達員のなり手は少なくないはず。労働ビザの確認によりマクドナルドの地蔵は減りましたが、信号待ちしてる配達パートナーは減ってないので。

しかも9月から大阪は雨クエ出なくなってます。スリーコインだらけで雨クエないのは厳しい状態。元々暑さが終わって寒波が到来するまで自転車運転も苦にならない季節で稼働する配達員が多すぎるので割り振られる配達件数が減ってるのでしょう。

配達員が減りすぎたのか不明ですが。10月2週末からに突如雨クエ3回出た。

クーポン攻撃しまくりなDIDIとWOLTと出前館に駆逐されてる

DIDIは9月からの配達無料キャンペーンや半額サービスを継続
WOLTは大阪進出1周年でキャンペーン+エリア拡大
出前館はクーポンの嵐

ウーバーイーツ割引出してない訳じゃないけどDIDIやWOLTの方がインパクトありますもんね。ウーバーイーツの優位性あったスターバックスやロッテリアを配達無料にしたり、クーポン配ってるのはかなり効いてる施策かと。

FOODPANDAのパンダGOもローソンとかの需要奪ってそうな予感
MENUは配達料金変わりすぎなので利用者本位ではないから駆逐されそう

マクドナルドの月見ブームが去った

若者のすべて風で
9月のウーバーは月見祭りだったんですが、早々に月見パイが売り切れてたのと、月見バーガー需要も行き渡ったので注文が出にくくなっております。三角チョコパイには期待せずにグラコロまで爆発はないでしょうね。

 

以上が焼け野原になってる現状分析です。
寒くなって配達員が減るまで厳しい状態が続きそうな気がします。

TRFみたく嵐を避けてく知恵を養うしかないですね。

WEB集客やデジタル系 ビジネス販促までいろいろ相談できる なんでもスマホ相談室集究さん お問い合わせはこちら

公式LINEアカウント@696ggfmb

事前相談や問い合わせは無料です。
ショートメッセージやメッセージプラスのやり取りもできますので、ぜひご登録ください。

080-1515-0654
留守電にメッセージ入れていただければこちらから携帯で折り返し連絡します。



     

    Follow me!

    大阪のウーバーイーツ配達も焼け野原になってきてる件” に対して1件のコメントがあります。

    コメントは受け付けていません。