大阪ニュース 気になるニュース 鉄道交通

大阪IR、万博前の開業断念 新型コロナで公募手続き3カ月延期 

あまり話題になってないですが、結構大きい影響があると思うんですけど。

大阪IR、万博前の開業断念 新型コロナで公募手続き3カ月延期 吉村知事

https://mainichi.jp/articles/20200327/k00/00m/010/164000c

大阪府の吉村洋文知事は27日、新型コロナウイルスが日米両国で感染拡大していることなどを受け、カジノを含む統合型リゾート(IR)の公募手続きを3カ月延期すると発表した。開業時期への影響は避けられず、2025年大阪・関西万博開催前の開業を断念することも表明した。

府と大阪市が大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)で開業を目指すIRには、米国のMGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスのグループ1者だけが公募への参加を申請。具体的な事業計画を盛り込んだ提案書類の提出期限が4月下旬に迫っていた。

 感染は3月に入って米国内でも急増。府によると、MGMが本社を置くラスベガスのあるネバダ州は4月中旬までカジノ施設の閉鎖や在宅勤務を要請している。日米間の渡航が制限されていることもあり、MGMとの調整が進んでおらず、府市は延期が妥当と判断した。国内でも政府がコロナ対策に追われ、IR整備の基本方針の決定が遅れていることも考慮した。

 選定委員会の審査を経て事業者が決まるのは今年9月ごろになる。議会日程などから事業者への土地の引き渡しは半年ずれこみ22年春となる見通しで、万博開幕(254月)前の開業を断念。感染問題が表面化する前も工期の短さから、万博前開業は困難とみられていた。

 吉村知事は報道陣に「アメリカの経済自体が止まりつつあり、今のスケジュール感では難しいと判断した。万博前に開業すれば相乗効果があったができなくなった」と述べた。

 

大阪IR 万博前開業を断念 新型コロナの影響で見直し

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57308150X20C20A3AC1000/

これで206月の最終決定が3ヶ月程度先送りになり、21年秋の土地引き渡しも22年春に遅れることでタイムスケジュール的に厳しくなってなるので募集要項から万博前開業を削除したとの報道。

 

ここで問題が

万博会場となる夢洲までの地下鉄延伸費用約200億円 IR事業者の負担だったはずですがこれどうすんの?

https://www.google.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASLCX66V8LCXPTIL02R.htm

前にも取り上げてます。

2025大阪万博開催よりも夢洲への鉄道アクセス構想が気になってる件

大阪万博2025 現状で予想される会場建設費もろもろ計算してみた。

また関連事業費のうち、大阪メトロ中央線の延伸にかかる費用540億円の負担をめぐる懸念は大きい。現時点で市は128億円を負担し、残りの210億円を大阪メトロ、202億円は万博予定地の隣に整備されるIR施設の事業者に負担を求める方針だ。

大阪府の夢洲アクセスルートの試算表を見ると

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/10583/00000000/3-shiryo3.pdf

やはり540億円
桜島ルートは万博に間に合わないのでどうするのか気になっております。

IR1社だけなので競い合いや綱引きできませんもんね。どうするんでしょうか?

  • この記事を書いた人

syukyu3

ミズン水上 1971年生まれ 大阪府堺市出身 堺っ子体操と堺かるたが得意な生粋の堺っ子 新しいものが好きな泉北沿線民 大学卒業後、仕事でWindows3.1でパソコンに出会い趣味がパソコンに。 スマホ黎明期のiPhone3GSでさらに人生観が変わるほどのショックを受ける。 営業、家電販売、携帯販売、飲食店、ビジネスコンビニなど自分探しを続け 趣味は転職といえるくらいの転職経験数。 一次情報重視であらゆる事象を自ら体験しては検証する人。 できるだけ多くの方に新しいものやハイテク機器の楽しさを伝えるために日々活動をしています。

-大阪ニュース, 気になるニュース, 鉄道交通

Copyright© 個人的に気になる話題を集めて究める情報サイト 集究さん    , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.