テレビウォッチ

M1グランプリ2019 雑感

昨年より気合が入り敗者復活から反省会打ち上げまで真剣に見てしもたので今年もまとめてみます。

( 敬称略でいきます)

敗者復活戦から全部見ましたが、個人的に安い笑いが好きな自分が1番受けてたのは天竺鼠とトムブラウン。

 

天竺鼠はかついてない漫才の場所取りという度肝抜く入り肩から一気に天竺ワールド炸裂。トムブラウンも合体ネタでしたが安めぐみからの膨らまし方で涙出るほど笑いました。

でも人気投票の側面があるんですよ。視聴者アプリ採点というルールの登場で昨年バカ受けしてたプラスマイナスの無念さは少しは救われたかも。でもやっぱり人気投票だったかなと。

 

個人的に天丼ネタと風景が見えるケンカ漫才が好きな人なんですが、( 好きなネタ ブラマヨのボーリング  チュートリアルチリンチリン  )ダイタクの漫才( コンビニ)がツボにハマりました。今後注目してみます。

史上最幸のM1グランプリ

M1グランプリ2019

M1グランプリ本線始まってビックリしたのはえらくレベルが高いこと。初出場7組ということでW1みたいに寒くなるとおもったんですが、いい意味での変化球がキレキレ。

 

かまいたちのUSJネタ 和牛の部屋案内 にビックリ。和牛は昼間の敗者復活戦と同じネタ。USJも以前からやってた鉄板ネタ。やっぱり余力を残して最終決戦にネタ温存でしょうか。

トトロもよかった

2組が飛びぬけたところでこの後どうなるかとおもったらいい意味で期待を裏切る展開。得点インフレという感じもあるけど笑いがあったから無問題かと。

 

昨年トップバッターで舞い上がり実力を出しキレなかった見取り図。今回は落ち着いてましたよね。すゑひろがりずは染之助染太郎枠を埋めてくれそう。

M1のMは明朝体ではなくミルクボーイ

以前から関西では今年のミルクボーイはすごいらしいという話が出てましたが、見たことないのでどうかとおもってツイッターみてると「 コーンフレーク やる方がいい」というツイート

どうなのかとおもったらベルマークいただきました入りですっかりやられる

そこからは響き渡る「 コーンフレーク」

コーンフレークあるあるの応酬に笑泣しました。

似たような感じのあるサンドイッチマンってエンタの神様に出てた記憶あるんですけど、ミルクボーイは今年初めてテレビで漫才披露したコンビが( テレビ出演まだ4回 )M1最高得点というまさにM1ドリームな展開。

ぺこぱのアンガーマネジメントなツッコミにもやられました。

久しぶりに埋もれてた人材発掘的なM1グランプリになったという感じ。

最終決戦は個人的に甲乙つけ難い内容でしたが。

最後まで見ておもったのは世代交代の波が来てるのかなと。 和牛がミキがどうしたというよりも、粋のいい漫才をするコンビが多かったという証明でしょう。

やはり10年超えると何事も変化というかギアチェンジ難しいとおもいますので10年制限に戻してもいいのかなと。あと決勝も4分ルールは徹底してほしいです。

 

審査員しゃべりすぎとかもあるけど、上沼恵美子さんはあくまでも平壌運転ですし、それも個性なので、まあいいんじゃないですか。

M1反省会  陣内さんから小藪さんになってどうなるかとおもったらM1優勝者のレジェンド漫才批評。 いろんな発見があってプロの見方は違うなと痛感。

思ったのは来年M1審査員大幅入れ替えありそうやなという予感でしょうか。

お問い合わせやご質問はこちらか LINE@syukyu3まで
ラインお友達追加 https://line.me/ti/p/DYPSqs_EZQ

  • この記事を書いた人

syukyu3

ミズン水上 1971年生まれ 大阪府堺市出身 堺っ子体操と堺かるたが得意な生粋の堺っ子 新しいものが好きな泉北沿線民 大学卒業後、仕事でWindows3.1でパソコンに出会い趣味がパソコンに。 スマホ黎明期のiPhone3GSでさらに人生観が変わるほどのショックを受ける。 営業、家電販売、携帯販売、飲食店、ビジネスコンビニなど自分探しを続け 趣味は転職といえるくらいの転職経験数。 一次情報重視であらゆる事象を自ら体験しては検証する人。 できるだけ多くの方に新しいものやハイテク機器の楽しさを伝えるために日々活動をしています。 大阪堺筋本町で2020年2月にスマホ教室開業予定 https://sumahosoudan.com

-テレビウォッチ

Copyright© 個人的に気になる話題を集めて追究していく しゅうきゅうさん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.