インスタグラムは結局のところ1対1で向き合うメディア

先日お客様A様から相談を受けました。

A Instagramってバズらせるコツある?

 

私 ないです

A よくバズってる話あったよね。あれってどういうこと?

私 昔はインスタがブームだった頃なので。今はフォロワーいないと難しいです。

今はインスタのフォロワーが10万いないと拡散は難しいです。
私もスイーツブロガーで最大2.6万フォロワーがいましたが、今はインプレションが激減してます。

インスタでバズるには投稿を見るフォロワーが必須なんです。
SNS用語でインプレッション数って言うんですが、SNSの投稿は見られる人の数が評価の全て。

どんないい投稿でもいいねは一つしか押せないので、頭数がいるわけです。
ツイッターはRTがあるので拡散しやすいし、フォロワーじゃなくても目につきやすいんですよ。

インスタのRT=リポストは非公式ですし、手間がかかります。
よく専門家が言ってる言葉なんですが、

インスタグラムは結局のところ1対1で向き合うメディア


ツイッターのように拡散するシステムがないので。複数からいいねやRTがもらなえない。拡散できないので広がっていかない。

ツイッターは1対不特定多数

だからあっという間に炎上するわけです。

 

インスタグラムはどこの誰という探し方よりも何に興味あるかを探す場所

インスタグラムは先日までフォローしてる関連の人がホーム画面に出てくるアルゴリズムでしたが、最近変更されるとの噂があります。TikTokに対抗するために

インスタグラムって検索機能がないので、ハッシュタグで興味ある項目を調べて、気になった写真を見に行く。そのプロフィールを見てフォローするのではなく、投稿されてる写真や趣味が一緒だったらフォローされるわけです。

つまりどこの誰を探すのではなく、投稿されている画像や動画に興味があるだけ。

インスタグラムは実名でないし、Twitterよりも匿名性が高いSNSで見るだけの人も多い。

「このテーマに詳しい人なのか」まずは画像保存して様子見よう。何日か投稿を確認して今後有益な情報が手に入るかもしれないと思ってくれるとフォローしてもらえるという流れ。

日記とか雑多系のインスタでは趣味が分かりにくいので、興味を持たれにくいのでフォローされないということ。

 

インスタグラムは個人のキャラだしとか特定の趣味が好きな同士の仲間探しに向いてるメディアと考えます。

現状ではつまり企業公式には向きにくいという考えです。( だから企業公式広報代行してるインスタグラム辞めました。)

じゃあどうすればいいかって
それは明日以降に

 

 

Follow me!