ラジオウォッチ 書評

原辰徳に憧れて ビッグベイビーズのタツノリ30年愛 読んでみました。

前から気になってたので先日購入してしまいました。

辰徳に憧れて

きっかけがアトロクでの特集

 

アフター6ジャンクション カルチャートーク:中溝康隆さん(令和のタツノリを”お前さん”たちに)

そういえばスバルレオーネの下敷き使ってたこと思い出してからの鳴り響く
「嵐を呼べレッツゴー」のトランペット

ど真ん中世代だもん

このラジオ聴く前から発言とか顔芸気になってたんですよね。

スマホに日本シリーズの表情を残してる
俺もビックベイビーだったらしく愛が発動して本まで買ってしまうことに

帰ってきた60歳のダースベイダーというたとえが絶妙

確かにONと常に比較されまくってましたよね。
3割30本なのに

この世代 ONには間に合わず松井には入れ込みないんですよ。
81年入団なのでちょうど野球を理解しだした頃の若大将でした。

日本シリーズでの満塁ホームラン
神宮での怒りのバット投げホームラン
そしてチャンスでのポップフライ
人事異動での解任

第二期政権時代は入れ込んでないけど

劇空間プロ野球時代
あの頃は全試合中継しててそこら中にジャイアンツがあふれてた
今の関西での阪神タイガースを超えるほど

今は日テレでも露出皆無だけど
それでも溢れ出す秋の風物詩伊勢海老

春キャンプの獅子舞

辰徳を演じてますねw

自分は第二次政権末期のアレでタツノリポイントカード使い切ったけど
第三次になって一周遅れで辰徳愛がたまりつつあるような気がしてます。

 

ドラフト逆指名じゃなくて4球団抽選だったことこの本で初めて知りました。
そりゃリアル巨人の星だしCM出まくるほど人気でるよ

巨人ファンだった豪栄道引退寂しいでしょうね

確かに朝令暮改感あるんですよね
阿部捕手固定といいつつファースト阿部だし
選手へのコメントがころころ変わるので
今日ハム吉川の降格即移籍にはびっくりした

この動画知れただけでも本買った価値ある←

一番突き刺さった文がこちら

「長嶋のように選手を獲り、王のような勝負への厳しさを持ち、藤田のような策略を用いて、特に30年前のスポーツ新聞のような過激な言葉やアングルを駆使する。自身が体験した昭和から平成の巨人監督全部乗せ状態。」

辰徳監督は先人のいいとこ集めたハイブリッドボスだから懐かしさと哀愁があることに納得

由伸になかったのは周りを気にしないぶっこみですよね

今年は報知新聞の語録おっかけ始めることにします
辰徳大河ドラマの終わり方を楽しむために

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

原辰徳に憧れて ビッグベイビーズのタツノリ30年愛 [ 中溝康隆 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/2/17時点)

楽天で購入

 

 

  • この記事を書いた人

syukyu3

ミズン水上 1971年生まれ 大阪府堺市出身 堺っ子体操と堺かるたが得意な生粋の堺っ子 新しいものが好きな泉北沿線民 大学卒業後、仕事でWindows3.1でパソコンに出会い趣味がパソコンに。 スマホ黎明期のiPhone3GSでさらに人生観が変わるほどのショックを受ける。 営業、家電販売、携帯販売、飲食店、ビジネスコンビニなど自分探しを続け 趣味は転職といえるくらいの転職経験数。 一次情報重視であらゆる事象を自ら体験しては検証する人。 できるだけ多くの方に新しいものやハイテク機器の楽しさを伝えるために日々活動をしています。

-ラジオウォッチ, 書評

Copyright© 個人的に気になる話題を集めて究める情報サイト 集究さん    , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.