マーケティング

成功するまで続けること デジカメを抜いたチェキ 富士フイルムの“残存者利得”

フォルム会社でなくなりつつある 富士フィルムのチェキ

最近TVCMもやり出したので 売れてるとおもっていたんですが 想像以上に売れてるようです

デジカメを抜いたチェキ 富士フイルムの“残存者利得”

とはいえ予想外の復活劇だった。チェキはデジカメの普及に伴い市場が縮小。2002年にそれまでの出荷台数ピーク100万台を記録した後、販売が毎年激減し、一時は撤退寸前だったという。

潮目が変わったのは07年だった。韓国のドラマ中で使われたことがきっかけで、韓国、中国などアジアの若年層を中心にヒットしたのだ。これを受けて、それまで国内中心だった営業体制を海外メインに切り替え、12年には海外市場狙いの新商品も発売。それ以降、販売は伸び続けた。

 

 

アナログ世代でも懐かしい感覚だから デジタルネイティブ世代は飛びつきますよね これは売れますわ

インスタントの元祖も撤退してるわけだから 敵はいないわけで そりゃCMで攻めに出るのは当然やろね

 

成功するためには諦めずに続けること

この感覚を肝に銘じておきます

  • この記事を書いた人

syukyu3

ミズン水上 1971年生まれ 大阪府堺市出身 堺っ子体操と堺かるたが得意な生粋の堺っ子 新しいものが好きな泉北沿線民 大学卒業後、仕事でWindows3.1でパソコンに出会い趣味がパソコンに。 スマホ黎明期のiPhone3GSでさらに人生観が変わるほどのショックを受ける。 営業、家電販売、携帯販売、飲食店、ビジネスコンビニなど自分探しを続け 趣味は転職といえるくらいの転職経験数。 一次情報重視であらゆる事象を自ら体験しては検証する人。 できるだけ多くの方に新しいものやハイテク機器の楽しさを伝えるために日々活動をしています。

-マーケティング

Copyright© 個人的に気になる話題を集めて究める情報サイト 集究さん    , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.