ボージョレヌーボー2019 解禁、今年の出来栄えは?

[st-card id= label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on”]2019/11/21はボジョレーヌーボーの解禁日だったんですね。( 確か11月第三木曜)

バブルの頃日本は時差と地政学的に世界で一番早く今年の新味が味わえるカウントダウンとかで盛り上がってましたけど、近年は盛り上げってない印象。

ワインも一般的になりましたもんね。

個人的に気になってるのが

ボジョレーヌーボー2019の仕上がり どうよ

近年過去最高の旨味とかすばらしい出来とか言われてましたけど どうなのかいろんな媒体から調べてみました。

ボージョレ・ヌーボー解禁、今年は「濃厚な味わい」

 今年は産地・フランスの天候不順で収穫量は減ったが、ブドウの熟成は進み、「濃厚な味わいに仕上がっている」(大手酒類関係者)という。

濃厚な味わいってよくわかりません。でも天候不順てネガティブだけど、そこは気にしなくてもいいんでしょうか。

2019年は有望だが、生産者のテクニックが重要な年

「2019年ヴィンテージは有望だと予想されてはいるものの、フランス全土の生産者にとって難しい年でした。彼らがこれからやらなければならないことは、テクニックを存分に活かし、ブドウを今までにない特別なものにすることです。」

ライムスター的なK.U.F.U.が必要ということですね。

 

昨年はというと

伝説的なヴィンテージとして歴史に残る出来栄え

今年の出来は2017年、2015年、2009年と同様に伝説的なヴィンテージとして歴史に残る”と、大変期待のできる味わいと言われています。

2年連続過去最高の出来栄えであり、3年ぶりにノーマルな味わいということに。

それでテクニックが必要なことになるのか。

生産者の腕に期待ですが、新米のように今年の新酒を楽しむべきなのかもしれませんね。

習求さんで確認したい素朴な疑問や質問はこちらか LINE@syukyu3まで

Follow me!