心が動いた物事や情報を収集して配給するサーキュレートサイト

しゅうきゅうさん(収給さん)



よもやま話 

暑すぎる師走 原因はエルニーニョと黒潮大蛇行 12月は都心も大雪警戒

更新日:

気象庁が長期予報で暖冬というてましたが流石に暖かすぎる師走になっております。
昨日の暑さにはびっくりしました。

暑すぎる12月の夏日、気象庁「暖冬傾向続く」

2018年12月04日 23時03分

 日本列島の南から暖気が流れ込んだ影響で、全国各地は4日、季節はずれの暖かさとなった。43都道府県337地点で12月の過去最高気温を更新し、東京や福岡、徳島など66地点で25度以上の夏日になった。

気象庁によると、4日の最高気温は各地で、平年より10度前後上昇。沖縄県宮古島市29・8度、福岡市26・4度、大阪府八尾市で26・1度を観測するなど、各地で汗ばむ陽気となった。東京都練馬区でも25・0度を観測し、関東の島部以外では14年ぶりとなる12月の夏日となった。

平年を10~15度上回る暖気が、九州から北海道の上空1500メートル付近を広く覆ったことが気温上昇の要因で、気象庁は「暖冬傾向は来春まで続くだろう」としている。

一方、今週末から来週にかけては一時的に冬型の気圧配置となり、全国的に冷え込む見通しという。

今週末は寒気の到来で一気に最高気温10度予想で平年並みになりそうですが、エルニーニョ中なので暖冬傾向は維持されそう。

理由を調べてみたら

 

偏西風が北寄りなので西日本は暖冬傾向北日本は例年並みと言われてるのか_φ(・_・

それに加わるのが黒潮大蛇行

太平洋側に雪が積もり安い南岸低気圧が多くなるので12月は警戒する必要がありそうです。

温暖化だから異常気象と脳内反射するのはやめましょうね。




 

-よもやま話 

Copyright© しゅうきゅうさん(収給さん) , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。