スマホニュース

UQモバイルが格安スマホ潰しに本気だしてきた件について

野坂社長「ドコモは東の横綱、Y!mobileは大関でUQは前頭。競争はお手柔らかに」

ascii.jp

いやーそんなことないでしょ 後ろに稀勢の里の影が見えるんですが←

まあライバルはキャリアではなくて格安スマホ会社でしょう ワイモバイル以外を潰しに来ましたね(ワイモバイルは仲間的なもんでしょ

6月1日に行われたUQ発表会かなり面白い内容でした

youtu.be

f:id:mizzn60:20170602100431p:image

やなりあのCMで認知度一気に上がって解約数も上がっているようです

まあ仕掛けてますもんね

家族割導入はすでにワイモバイルでありましたが、囲いこみに来た感じでございます

安心快適高品質な通信ライフをみんなのものにというスローガンがUQのミッション auネットワークを使えるのはでかいですし、だからこそ格安スマホではできないことを仕掛けて潰しにいくわけです

この半年でUQモバイルだぞっで充実してきましたもんね

あのCMはインパクトあったしリアル店舗も増えてきて 学割も始めて おしゃべりプランも導入

 

そしてiPhoneまで販売するようになった

発表会全部見たんですけどさらに一歩先に進むとのこと

家族まるごとUQ 二回線目以降500円割引

f:id:mizzn60:20170602100641p:image

UQスポット全県に出店するようです 島根県出雲での最初のお客様のエピソードを社長が話されてたんですが

UQCMみたけどどこで買えばいいわからなかった イオンモールにできたからすぐにきました。リアルタッチが必要な商品であると。でもキャリアの店舗数では勝てない。 今やってるトライUQは契約率が4割から5割あるので、リアルとどうからめていくのか これをどうするか我々の知恵の見せ所です

興味あるのはこのスライド

f:id:mizzn60:20170602100706p:image

ドコモシンプルプランへの露骨な対抗w
主回線:家族3人 両方とも12GBなので年間10万円お得を全力でアピール

質疑応答でも

「適切かどうかわかりませんが ドコモさんはやっぱり東の横綱 西の横綱がふたりいたり 他に大関関脇なワイモバイルさんがいて 我々は前頭みたいな感じがあるのでお手柔らかになんですが、ドコモウィズは制限のある無限割 端末代金が含まれたら スマホを長く使う方はいいけど、頻繁に端末変えるのなら我々にメリットがある」

ASCIIの記事と違うのは指摘はいったのかもしれません

f:id:mizzn60:20170602100745p:image

目覚ましちゃんとCMどおりUFOのイントロ付きなのかw

国内メーカーのスマホ販売 ワンセグおサイフケータイなしだけど防水対応で2万円台のようです 最初は2機種だけだったので進化したもんですよね

UQモバイルの発表はこのスライドで終わりました

f:id:mizzn60:20170602100827p:image

印象的な質疑応答

スピード的に本当にMVNOなのかという意味合いの石野さんの質問への答え

「とにかくスピードは維持していきたい キャリアじゃないので種類は出せないが身の丈に合う商品を出していきたい」

目標としている90万は越えているのか

昨年秋でMNVO300万 シェア3割取りたいので90万目標だったが 今は450万くらいなので大台を目指していきたいとのこと

ワイモバイルをコピーしているが純増は倍くらいの差がある敗因は?

前頭と横綱昇進も視野にいれてる大関とは違う UQ時代からお付き合いのある量販店の数字が延びている 課題はショップ さらにブレイクしていくことをやっていきたい

始めてUQ発表会見ましたけど わかりやすい内容で野坂社長を含めて好感度あがりました

タレントのセッションいらんとおもったけど このCMが実が女性ターゲットじゃないことがわかったので勉強になりました(女性がきれいな男性はいない)

前頭の昇進に期待しましょう

私信 ターボ機能がよかったのでまた加入しなおす可能性大でございます

追記

ワイモバイル 家族割への対抗(複数新規で5000円還元)はじめたのが大関の危機感だよね

「家族のスマホまとめてキャンペーン」を実施 | ワイモバイル(Y!mobile)

  • この記事を書いた人

syukyu3

ミズン水上 1971年生まれ 大阪府堺市出身 堺っ子体操と堺かるたが得意な生粋の堺っ子 新しいものが好きな泉北沿線民 大学卒業後、仕事でWindows3.1でパソコンに出会い趣味がパソコンに。 スマホ黎明期のiPhone3GSでさらに人生観が変わるほどのショックを受ける。 営業、家電販売、携帯販売、飲食店、ビジネスコンビニなど自分探しを続け 趣味は転職といえるくらいの転職経験数。 一次情報重視であらゆる事象を自ら体験しては検証する人。 できるだけ多くの方に新しいものやハイテク機器の楽しさを伝えるために日々活動をしています。

-スマホニュース